WordPress関数

任意のテンプレートを組み込む関数「get_template_part」:WordPress関数まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
任意のテンプレートを組み込む関数「get_template_part」:WordPress関数まとめ

WordPressの関数を少しずつまとめていきます。
今回は、任意のテンプレートを組み込む関数「get_template_part」です。

~ 目次 ~

  1. 基本的な使い方
  2. 2つのパラメータを使う方法

基本的な使い方

任意のテンプレートを組み込む時に用います。

関数のパラメータは2つあり、使い方も2パターン有ります。

パラメータ
スラッグ、名前(オプション)
利用箇所
どこでも利用可能

基本的な使い方は、「スラッグ」で組み込むテンプレートの名前を指定します。

<?php get_template_part('スラッグ'); ?>



テンプレート「common.php」を組み込む

組み込み用の関数

<?php get_template_part('common'); ?>


2つのパラメータを使う方法

スラッグに加えて、2つ目のパラメータ(名前)を指定します。

<?php get_template_part('スラッグ','名前'); ?>

この場合、「スラッグ-名前.php」のテンプレートを優先して組み込み、それが無ければ「スラッグ.php」のテンプレートを組み込みます。




テンプレート「common-top.php」を組み込む

組み込み用の関数

<?php get_template_part('common','top'); ?>


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る