WordPress関数

カテゴリーの情報を出力する関数「the_category」:WordPress関数まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カテゴリーの情報を出力する関数「the_category」:WordPress関数まとめ

WordPressの関数を少しずつまとめていきます。
今回は、カテゴリーの情報を出力する関数「the_category」です。

~ 目次 ~

  1. 基本的な使い方
  2. the_category()関数の応用:個々のカテゴリーを区切る文字を指定
  3. the_category()関数の応用:親カテゴリー名を出力
  4. the_category()関数の応用:投稿IDの指定

基本的な使い方

カテゴリーの情報を出力する関数です。
WordPressループ(メインループ)の中で使います。

パラメータ
(1)セパレータ・区切り文字、(2)親カテゴリー名を出力、(3)投稿IDの指定
戻り値
無し
利用箇所
WordPressループ内

通常はパラメータを指定せずに以下のように書きます。

<?php the_category(); ?>

以下のように出力されます。
ul要素で表示されます。

<ul class="post-categories">
    <li><a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名○○</a></li>
    <li><a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名△△</a></li>
</ul>




基本的なWordPressループ内での使い方

<?php if (have_posts()): ?>
    <?php while (have_posts()) : the_post(); ?>
        個々の投稿を出力する処理
        <?php the_category(); ?>
    <?php endwhile; ?>
        投稿一覧を出力した後に行う処理
<?php else: ?>
    投稿が無い時の処理
<?php endif; ?>


the_category()関数の応用:個々のカテゴリーを区切る文字を指定

1つ目のパラメータとして、個々のカテゴリーを区切る文字を指定することが可能です。

この場合、ul要素では出力されません。

また、カテゴリーが一つの場合は区切り文字は表示されません。



例1


カテゴリーをコンマで区切る

<?php the_category(', '); ?>

出力例

<a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名○○</a>, <a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名△△</a>



例2


カテゴリーを矢印で区切る

<?php the_category(' &gt; '); ?>

出力例

<a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名○○</a> > <a href="カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">カテゴリー名△△</a>


the_category()関数の応用:親カテゴリー名を出力

階層化されたカテゴリーを表示することも可能です。

最上位以外のカテゴリーを割り当てた場合、最上位からそのカテゴリーまでの全てのカテゴリーを出力します。

2つ目のパラメータに「multiple」又は「single」を渡します。

<?php the_category(' ' , 'multiple'); ?>
<?php the_category(' ' , 'single'); ?>



パラメータに「multiple」を指定する場合。
投稿が属するカテゴリー以外に、その上位カテゴリーもリンク付きで出力します。



例3


カテゴリーは「親カテゴリー」>「子カテゴリー」>「孫カテゴリー」の階層構造。
投稿は「孫カテゴリー」に属している。

<?php the_category(', ' , 'multiple'); ?>

出力例

<a href="親カテゴリーアーカイブページのURL">親カテゴリー</a>, <a href="子カテゴリーアーカイブページのURL">子カテゴリー</a>, <a href="孫カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">孫カテゴリー</a>



パラメータに「single」を指定する場合。
投稿が属するカテゴリーと、その上位カテゴリーを区切り文字で挟み、全体を投稿が属するカテゴリーアーカイブページにリンクします。



例4


カテゴリーは「親カテゴリー」>「子カテゴリー」>「孫カテゴリー」の階層構造。
投稿は「孫カテゴリー」に属している。

<?php the_category(', ' , 'single'); ?>

出力例

<a href="孫カテゴリーアーカイブページのURL" rel="category tag">親カテゴリー, 子カテゴリー, 孫カテゴリー</a> 


the_category()関数の応用:投稿IDの指定

投稿記事のIDを指定することも可能です。

3つ目のパラメータに投稿記事のIDを渡すと、そのIDの記事が属するカテゴリーが出力されます

ただし、通常はこのパラメータは省略されることが多いです。



例5


投稿ID「150」の記事が属するカテゴリーを出力

<?php the_category('' , '' , '150'); ?>


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る