WordPress関数

ページのタイトルを出力する関数「the_title_attribute」:WordPress関数まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページのタイトルを出力する関数「the_title_attribute」:WordPress関数まとめ

WordPressの関数を少しずつまとめていきます。
今回は、ページのタイトルを出力する関数「the_title_attribute」です。

~ 目次 ~

  1. 基本的な使い方
  2. the_title_attribute()関数の応用:タイトルの前後に文字列を表示
  3. the_title_attribute()関数の応用:タイトルを出力せずに関数の戻り値にする

基本的な使い方

投稿・固定ページのタイトルを出力する関数です。

同様の関数に「the_title」がありますが、「the_title」関数では出力するページタイトルにHTMLのタグが含まれている場合、そのタグがそのまま出力されてしまいます。

「the_title_attribute」ではタグを取り除いて出力してくれます。

パラメータ
(1)前後の文字列、(2)タイトルを出力せず戻り値を得る
戻り値
タイトル(表示しない場合)
利用箇所
WordPressループ内

通常はパラメータを指定せずに以下のように書きます。

<?php the_title_attribute(); ?>


例1


ページのタイトルが以下の場合、

福岡県おいしい店巡り(その1)<br>豊築地方を食べ歩き

これを「the_title」関数でページタイトルを出力すると、brタグがそのまま表示されます。

福岡県おいしい店巡り(その1)<br>豊築地方を食べ歩き

「the_title_attribute」関数でページタイトルを出力すると、brタグが削除されて表示されます。

福岡県おいしい店巡り(その1)豊築地方を食べ歩き


the_title_attribute()関数の応用:タイトルの前後に文字列を表示

1つ目のパラメータとして文字列を指定すると、タイトル前後にその文字列を出力することが可能です。



例2


タイトル前に「タイトル:」と表示する

<?php the_title_attribute( array( 'before' => 'タイトル: ' ) ); ?>



例3


タイトルの前後に【 】を表示する

<?php the_title_attribute( array( 'before' => '【 ', 'after' => '】' ) ); ?>


the_title_attribute()関数の応用:タイトルを出力せずに関数の戻り値にする

2つ目のパラメータに「’echo’ => true」を指定すると、タイトルを出力せずに関数の戻り値にすることも可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る